スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

教科書に誤記208か所

なんだか気になるニュースが、今朝の読売新聞のトップでした。
208 だって。108 個なら煩悩なのに。。
# そういう問題じゃぁない

中学教科書に誤記208か所

 今年4月から中学校で使用されている9教科、134冊の教科書のうち、65冊に計208か所もの記述ミスがあったことが9日、文部科学省の緊急調査で分かった。

 今年1月、2004年度から高校で使われている「政治・経済」の教科書のグラフに記載ミスが見つかり、今春の大学入試センター試験で教科書通りに解答すると不正解になるという事態を招いたため、文科省が3月、各教科書会社に点検を指示していた。これだけ多くの記述ミスが一度に発覚するのは極めて異例。各社は今後、間違いのあった教科書を使用している中学校にミスを通知し、記述の修正などを求める。

(中略)

 最もミスが多かったのは国語で、全体の約4分の1にあたる56か所を占めた。「ひらがな」を「ひらなが」と誤ったり、「目の前」の「目」に「ま」とふりがな表記したりした事例があった。

 こうした記述ミスは文科省の教科書検定でも見逃されており、文科省教科書課は「非常に残念な結果。今後は間違いゼロを目指し、教科書会社に正確な記述の徹底を求めるとともに、教科書検定にも万全を期したい」と話している。

 一度に大量の記述ミスが見つかった今回の結果を受け、文科省は来年度以降、調査を毎年実施する方針を明らかにしている。

 編集・校正体制の調査では、校正・校閲の専任担当者を置いている教科書会社が51社中、4社にとどまることも判明。ミスが起きる原因について、各社からは「編集者の校正能力が、紙面のビジュアル化に対応できていない」「編集者の専門性や知識が不足している」「教科書の著者や監修者に正確な記述に対する自覚が足りない」などの声が寄せられた。

(以下略)

(2006年5月10日 読売新聞)

まあ、この業界人の Mari さんのスーパーハードな働きっぷりをなんとなく垣間見てはいるので、教科書会社が手を抜きまくってる訳ではないとは思うんですが、51 社中 4 社しか専任を置いてないとか、編集者の能力が不足とかは、かなりまずいのでは?、と余計なお世話ながら思ってしまいます。専任はいなくても、途中で誰か気付かないんですかね?やっぱりチェックする時間が取れないくらい多忙&人不足なんでしょうか?

さらに、「文科省の教科書検定でも見逃されて」って、ええっ??竹島はどうこう、とか中国大陸進出はどうこうとかの記述にはうるさいくせに、記述ミスは見逃すって、いったい??文科省は何を見ているんでしょうか?

そうは言いつつ、翻訳業界も似たようなもので、記述ミスは皆無じゃないんですよねぇ。うちらの作業の流れは、「翻訳者」→「社内レビューア(チェッカー)」→「社内 DTP」→「クライアント言語レビュー」→「クライアント技術レビュー」→(初稿戻し)→「社内 DTP」→(再校納品)と言った具合で、最初のうちに 3 人のレビューが入るのでほとんどのタイプミスや誤訳(NOT が抜けてたり) は除かれますが、それでも扱う量が半端じゃないので、WEB 上にある過去の成果物(他社がやったものも含む)には、たまーにミスを見つけたりもします。

私は翻訳というより「社内レビュー」を担当することが多いのですが、昨日も DTP 担当の人から「あのーこれ、『マウスボタン 3 回』ではなくて『マウスボタン 3』ですよね?」と指摘されてしまいました(いわゆるチェック漏れ)。いやー、危ないところでした。社内もすり抜けてクライアント側でミスが見つかると、評価の減点対象ですから。でもタイプミスはそんなに重要度低くありません(誤訳、訳抜けの方が手厳しいんです)。

同じ業界の他社には、社内に校正部隊がいましたが、真っ先にリストラの対象になって、校正部門自体がなくなってしまいました。経営効率を求めるのも仕方ないですけど、ああいう地道な仕事は大事にしないといけないと思います。

ブログランキング

スポンサーサイト

Comments

kana
私、仕事柄お役所からの書類を目にするのですが、最近は公文書も誤字脱字が多いですよ。月日が去年だったり、「てにをは」が変だったり。(そのくせこっちのミスには厳しかったりします。)
パソコンなんかで打った文書はきれいだからミスも見逃しちゃったりするのかなって思ったり。汚い字ならツッコミながら読みますもんね。
「クライアント側でミスが見つかると、評価の減点対象ですから。」なんて緊張感、お役所にはないですから。パソコンが普及してから精度が落ちてるような気もします。

majiさんってちゃんとお仕事してるんですね。
2006/05/11 11:51
▼kanaさん
へぇ、公文書も誤字脱字多いんですか。
確かに手軽にパソコンで文書を書けると凡ミス増えますよね。
昔は清書するにも印刷するにも「高い!」という意識から、
相当注意してチェックしてたんでしょうけど。
「誰かに見られてる」というのはある意味よいのかも?

「ちゃんとお仕事」してるかどうかは、わかりませんよぅ〜!?!?
# ボロが出るから自粛・・
2006/05/11 12:45
文部省にかぎらずこういうミスは気のせいか最近多いような気がします。
つい最近もどこかの参考書で間違ったグラフが載っていてセンター試験でその問題が出て、救済措置は取らなかったという記事をウェブのニュースで見たような気がします。
2006/05/13 02:02
▼Tiggelさん
センター試験のはショックでしょうね。教科書のを
思い出して答えたら間違ってたとか。

英語を話す人って、スペルが苦手な人も多いみたいですよね。
だからこそ、ワープロソフトのスペルチェック機能も必要なのかも。
日本語の誤字脱字チェッカーとか普及しないのかな??
2006/05/13 18:46

Leave a Reply




Trackback

Trackback URL