スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Cantus Animae 演奏会

日曜日で続けてですが、夜はCantus Animae の第7回演奏会に行ってきました。アマチュアながらこちらも実力のある団体。人数的にはスリムになってて、少人数アンサンブル、といった趣です。一人一人の実力高いんだろうなぁ…


1ステ2ステはマドリガルやバッハ。ところどころ???な箇所もありましたけど、全体的なバランスも心地よい感じ。男声は、続く日本語の曲よりもこちらの方がお得意なのか、練習量が多いのか、声量も表現も豊かに聞こえました。


3から5ステは、堀内貴晃さんの作品。2年前からどんな作品が出てくるのか気になっていた作曲家なので、非常に楽しみにしていました。そのうち信長さんのようになるのか、表舞台には出なくなるのか、この世界も競争が過酷なようですが、じわりじわりと人気が出て行きそうな予感がする、そんな作品でした。今後も注目です。

大阪ハインリッヒ・シュッツ 東京定期公演

大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団第11回東京定期公演に行ってきました。去年京都であった邦人合唱曲シリーズにも行って非常によかったので、東京に来るのを楽しみにしてました (今年の秋は、旅行中のため行けず)。某大学の合唱団の練習場所にも、この団体の事務の方がチケットを売りに来られたとかで、知り合いの後輩も来ていました。


当日の学生券を買ったのですが、なんと席が1階1列19番という、指揮者の当間さんの真正面!ちょっとこれにはたまげました。ちょっと手を伸ばせば触れる距離 (もちろん触りませんでしたが)。音的にはもっとホールの中心に近い方がよかったのでしょうが、逆に演奏者の息遣いや表情がよく見えてよかったかも。しかも、普通の団体なら、一番前だと息もれや演奏の粗が聞こえてきたりするんでしょうけど、そういうのも感じさせないところは、さすがプロの技、といった感じです。


プログラムの中で1つ挙げるとすると、千原英喜/弦楽のためのシンフォニア第2番が一番心に染みました。2曲目の「Dies irae」のチェロのソロは、熱情感こもる名演でしたし、最後の曲「Lux aeterna」でも、心安らかになる美しいメロディと崇高さに、本当に来てよかった、という感情でいっぱいになりました。歌詩はついていないけれど、Requiem のあの文言が浮かんでくるようでした。


パンフレットには、今年亡くなったメンバーの方がおられ、その方にこの曲を捧げる、という趣旨のことが書いてありました。そのこともあってか、この最後のステージの音には魂の思いがいっぱい詰まっているような、強く訴えるものがあったように思います。単なる技巧だけでない音楽、と言うのでしょうか。また次も楽しみにしたいと思います。


共立女子大学合唱団定期演奏会

行ってきました、第47回共立女子大学合唱団定期演奏会。場所はティアラこうとう。ここは毎年、選曲が凝っているというか、平々凡々なものばかりはやらないし、実力もある方なので、聴いてて飽きない団だと思います。知り合いも最後の晴れ舞台だし、ということで聴きに行きました。ちなみに、オフィシャルサイトはこちらで、OGの方によるブログはこちらです。

◆「C. サンドバーグの詩による6つの女声合唱曲」 - コチャール作曲
「コチャールなんかようやるなぁ」と思ったんですが、それなりのレヴェルには達していたと思います。歌うと難しいんだろうなぁ、けどよく鳴ってました。ここはいつもAltoがしっかりしてて安定してるかな、と思うんですが、今年もバンバン低音部が聞こえてきました。惜しむらくは英語の歌詞の発音。母音も子音も日本語と同じに歌ってるので、少し違和感を覚えます。研究要。「Happy」が「はっぴ」に聞こえるし。

◆木下牧子セレクション
学生指揮者ステージ。今や大人気の木下さん。でも20年近く前からだから息が長いですよね。1曲目の「うたをうたうとき」は、ちょっとテンポ感がのりきれなくて、123456の拍子が見えていたのがちょっと難。流れつくりが必要な曲ですね。2曲目の「グリンピースのうた」のときに、指揮者がなにやら取り出したので、「音叉かな?」と思ったらスプーンでした。ニクい演出するねぇ。個人的には3曲目の「海と涙と私と」が一番よかった。最後の「夢見たものは」もよかったです。ここの曲では、Altoが和音の肝のいいとこをきちんと決めてくれてたので全体が引き締まって、同じ(?)低音屋としてはうれしい限り。

◆「七つの雪の詩に寄せる」 - 菊地 雅春作曲
雪にいろんな詩人の詩に曲をつけたもの。器楽的な試みもあって面白い。作曲家の方は雪国育ちらしく、いろんな表情の雪を表現してるみたい。ステージ構成的には、重みをつける部分だったと思うんですが、もっと歌いこんで差をつけるといいな、とは思います。でもこれだけの曲目こなすだけでも大変ですからね。5曲ぐらいが適当な長さかな。

◆「少年時代」 - 大熊崇子 作曲
2ステと並んで、歌心が飛んできた、というか音楽を聞いてて楽しめるステージ。曲のよさと演奏のよさがよくマッチしていたと思います。多分歌ってるほうも気持ちよくて好きな曲なのでは、と思いました。今まではおかあさんコーラスで歌われたことはあるものの、若い人は初めて、だそうですが、かえって若い人向きなのでは? というか、音が今ふうの響きがある感じ。これから歌われるようになるのかな・・・。

個人的には、最後4年から3年にバトンタッチする場面がジーンときました。いろいろ思うところがあるだけに。今年の某グリはどうするんだろう (独り言)。あと、パンフレットの「最大の獲物は、どこかの森で狩ってきたクマさん」は超ウケました。狩ってきたのかよっ!

◆余談:エール考
個人的に、ここの団体のエールも結構好きな部類に入ります。作曲中田喜直というのもあるし、歌ってて簡単そう、というのもありますが、メロディが自然に流れる、というのが聞いてて心地よい原因なのではないでせうか。私的に要チェックと思う団体のエールを2つ。

安積黎明高校
女子高から共学になるときに校歌も新しく作り直したらしいですが、作詞大岡信、作曲鈴木輝昭、という、なんかすごいコンビ。学校があるから校歌ができた、というより、高校合唱団があるからこの曲を作った、というくらい、ほとんど合唱曲です。学校で普通に歌うとどんなのか聞いてみたい。

九州大学コールアカデミー「筑紫之咏」
関東で聞く機会はあまりありませんが、ここのエールは必聴です。実際は裏エールということらしいですが。詩は万葉集、作曲は確か藤井凡大氏で、邦楽面でも著名な活動をなさった方。アレンジがこれこそ「和の雅!」といった趣で、防人の強さと風流さを表現したような曲です。んー、適切な表現がみあたらないけど、一聴の価値は十分にあり。


第57回全日本合唱コンクール 中学の部

昨日の高校の部に引き続き、府中の森芸術劇場で行われた、全国大会中学の部に行ってきました。全国大会ともなると、中学生といえどもコンクールではプロ顔負けの演奏をしたりします。声だけ聞けば、中学生なんてわからないでしょう。
会場では、知り合いの某K女子大合唱団の学指揮さんとばったり遭遇。当日券で入れたそうです。もう朝並ばなくても買えるんですねぇ。朝4時から並んだ昔が懐かしい。もっとも、前売がかなり多かったのか、最初から相当数お客さんが入っていたので、その分当日券には余裕ができたのかも。

混声合唱の部
----------------
小金井市立緑中学校
若松正司編曲、熊本県民謡「おてもやん」。このアレンジはなかなか味があって聞いてて楽しい。のぺっとした母音でちょっと印象悪かったかも。
熊本大学教育学部付属中学校
鈴木輝昭『もうひとつのかお』から「4.愛」。難易度高い曲でも、きれいな曲。曲に飲み込まれず、よくこなしている。
大垣市立興文中学校
荻久保和明「ほうけた母の子守歌」他。「ヒューヒュルリー♪」が全然風の雰囲気がなかったんですが、それにもかかわらず高評価。
須賀川市立第一中学校
千原英喜『おらしょ』から「第3楽章」。ソリストが、ソロの声とtutti の声を完璧に使い分けていてお見事。表現にも注意を払っていてGood。
札幌市立手稲東中学校
木下牧子「祝福」他。祝福は名演奏。バランス、流れといいスムーズで聞いてて心地好い。

同声合唱の部
----------------
出雲市立第一中学校
鈴木輝昭『Tir na nOg(常若の国)』から「Ta athu mor in Eirinn」。んー、去年は聞いたときに強烈なインパクトあったのに、今年は何か息がスカスカする感じがするし、いまいちだなぁ、と思ってましたが、文部科学大臣賞。
会津若松市立第二中学校
西村朗『寂光哀歌』から「ほととぎす」。23人なのに、一人一人がしっかり歌っているので、かなりの迫力。恐ろしいくらい高音を張ってくる。
神戸市立長峰中学校
三善晃『オデコのこいつ』から「ゆめ」。今や中学生でもゆめをやるのか・・・。しかもピアノも中学生。ちょっとついて行ってないとこもあったけど、よく弾くなぁ、と感心。実力不足とは思わないけど、曲が曲だけに、さらに上が求められるのかも。「怖いよ♪」があんまり怖そうじゃないし。
大妻中野中学校
Rautavaara『ガルシアロルカの詩による組曲』から「1〜4」。1曲目はコケた。2曲目から持ち直し。最後はやっぱり大人数ならではの迫力あり。
会津坂下町立第一中学校特設合唱部
Orban「悪魔は忍び寄る」他。特設の部活でも金賞とってしまうんだから、福島の底力はすごい。演奏も迫力がありすぎてこわいくらい。
岩槻市立城南中学校
鈴木輝昭『古謡三章』から「II 羽衣」。音楽にあわせて各パート、部分によって音色を使い分けてる。とても中学生とは思えない・・・

一応コンクールなので、金銀銅の各賞がつけられるんですけど、ここまで高度だと、順位とか優劣とかにはあまり意味がないような気がしてきます。逆に言えばどれもなんか似た演奏にも聞こえるし。もうこうなったら主観で好きか嫌いかの範疇なのでは、と思ってしまいます。

あと、木下牧子ものも人気があったのですが (特に混声)、大阪ハインリッヒシュッツが出してるCDの曲が多くて、聞いた感じだいぶ聞きこんで参考にしているような団体が結構ありました。審査員に指揮者の当間さんがいらっしゃったので、ちょっと不利だったのかなー、と思ってみたり。

それにしても、中学生でも恐ろしいほどのポテンシャルを秘めてることを実感しました。ピアノでも平然と難曲を弾いてるし。それを引き出すのはやはり指導者の能力なんでしょうか。でも当の中学生は、他の学校がすごい演奏をしてても寝てる人もいるし、順位の方に関心があったりで、音楽の喜びよりも勝負の勝ち負け、という捉え方をしてる人もいる、というのは、また別の意味で一考の余地があるのかもしれません。

第57回全日本合唱コンクール 高校の部

今日は、府中の森芸術劇場であった、合唱コンクール全国大会の高校の部に行ってきました。ちなみにここは、「僕の生きる道」でのロケが行われた場所でもあります。審査員も、浅井敬壹、大谷研二、関屋晋、当間修一、千原秀喜の諸先生方と大物が勢ぞろい。鹿児島女子が委嘱していた関係で、信長先生もおみえでした。

合唱の演奏会なんて空席も多いんですが、これは入れない人も出るほど満員。まあ出演者だけでも1000人越えるから当たり前ですが。さすがに東京が会場だけあって、始まりから人が多すぎです (いつもは最初ガラガラ)。
コンクールの功罪の論議もいろいろありますが、それはさておき、個人的な感想をつらつらと書いてみたいと思います。

選曲の傾向
--------------
相変わらずの鈴木輝昭、西村朗に加え、ヨーゼフ・カライのオンパレード。確かに演奏効果が高い作曲家だという感じします。昔は高校の部といえば、邦人曲がけっこう多かったんですが、外国曲も増えてきました。しかも、海外の作曲家に演奏許可もらって演奏したりしてるし。また、日本人の作曲家に独自に委嘱したりして、「そこまでやるか!?」というくらい本格的なんですよね。クラスター和音は当たり前で、バラバラのヴォカリーズも流行り。聞いて楽しい、というより、やっぱ勝負の場、という雰囲気の方が強いかな。

Aグループ
-------------
岐阜県立岐阜高校
カライの「De profundis」。トップバッターで強烈なインパクト。切実感がよく出てる。クラスターから和音にスライドするとかもきちんと決めるとこはさすが。見事文部科学大臣賞受賞。
岐阜県立大垣桜高校
鈴木輝昭『古謡三章』から「殺生石」。他にも2団体この選曲で、Soli 部分があるが、ここのSoli の登場の仕方が最高。2人ずつ前に出て、一人がかがむ。立ち居振る舞いが歌舞伎調で趣があった。パートがばらけると、一気に歌詞がわからなくなるのがちょっと難。
大阪府立淀川工業高校
荻久保和明『しゅうりりえんえん』から「ゆうきすいぎん」。高嶋節に向いた選曲。この曲はメッセージ性があるので泣ける。
北海道中標津高校
松下耕『愛するもののためにうたう歌』から「こころ」「ばら」「手をください」。Aグループ一番の私のお気に入り (個人的に)。全然難曲ではなく、それでもあっさり過ごすことなく、丁寧に歌ってまさに癒し系。こういうのが正統になって欲しいね。

Bグループ
------------
埼玉県立浦和第一女子高校
西村朗『炎の挽歌』から「III 妻への挽歌」。デュナーミクがあってメリハリがあり、統制がとれたキレイな演奏。
福島県立安積黎明高校
鈴木輝昭『火へのオード』から「火の玉よ あなたの国の」。委嘱曲、ようやく完成した模様。2年がかりだからなぁ。定演では2年連続「できなくてゴメンなさい」だった。時間はなかったんだろうけど、ここは伝統的によく理解して歌ってる感じがして、やっぱ迫力がある。でも気迫あふれる、という感じではなくなった。
山形県立鶴岡南高校
カライ「Stabat Mater」。今年は先生倒れることなく無事演奏 (当たり前か)。今回第二位の大所帯 131名。これだけいれば迫力でるわなぁ。
福島県立橘高校
鈴木輝昭『詩篇』から「颱風」。「ああ〜、颱風♪」このメロディ耳に残る。菅野先生はやっぱかっこいい。
北海道札幌北高校
この高校出身で、去年の上野の森コーラスパーク作曲コンクールで最優秀だった松本望さんの『あなたへ』から「どうしたらいいの」「やわらかいいのち」。初演の松原混声の演奏の真似っぽかった。いまいち流れに乗れてなくて、横の線が揃わなくて残念。
東京都大妻中野高校
三善晃『のら犬ドジ』から「ないてる…」。往年の名曲をよくこなしての演奏。やっぱメッセージ性のある曲は強い。
宮城県第三女子高校
最大の150人。音圧ばりばり。でも、150ならでは、という選曲ではない。逆に、あれだけ大人数でよくまとめました、という感じ。
鹿児島女子高校
信長貴富「大地の歌」。委嘱曲。木島始訳詩で、新見徳英テイストの入ったVoiceみたいな作品。なかなかキレイで訴える曲。でも途中に英語の歌詞の部分があって、そこで英語の下手さが出る。全部訳詩の日本語にすればよかったのになぁ。

--------------
審査待ちの時間の恒例、各校対抗(?) 歌合戦では、「宇宙戦艦ヤマト」がやけにウケてました。も一つノリノリだった曲があったんですが、拍手でよくきこえなかったです。

審査結果では、どちらかといえば、楽譜に忠実で基礎をしっかりしている団体が高評価でした。この辺が個人的な好みと審査の違うところ。

出演の皆さんお疲れさまでした。明日は中学校の部です。

西南女学院高校と完戸先生

NHK学校音楽コンクールがあって、NHK教育で放送してた。TV越しじゃどこが上手かなんてあんまりわかんないよなー。ちょっと注目したのは札幌北高校。この高校の卒業生で、上野の森コーラスパークの作曲コンクールで最優秀だった松本望さんの曲をやってました。男声の声が深い響きで、いつぞやの崇徳のような厚みがあった。でも曲は、上野の森で披露された曲の方が感じよかったんだけど、コンクール向きじゃない、ってことかな。ともかく、銀賞おめでとう。府中での演奏も楽しみ。


で、九州代表で西南女学院高校が出てました。昔からなじみのある学校で、ここの先生が先輩、ということもあり、私が高校のとき、この先生が指揮している一般の合唱団に在籍したこともあって、OGも知ってる人がいたりで、いろんなところで演奏を聴く機会が多かった学校です。最近は九州でも常連校になりつつあり、全国大会にもよく顔を出しているようです。ここ15年くらい、ミュージカルにも力を入れているらしく、松下耕の「ふくろうめがね」を委嘱したのもここらしい。


いつか学校内向けの音楽会に招待されて行ったんですが (それもホール借り切ってやるすごさ)、演出ステージでのはじけっぷりというか、客席も巻き込んで楽しませるあのエンターテイメント力には脱帽でした。関東のしょぼい大学合唱界にはない力です。それでいて、落葉松(小林秀雄:作曲)なんかを歌わせると、叙情感たっぷりでガンガン訴えてくるし、ソロのオブリガードも超絶品で、思わず身震いするくらいでした。あれ以上の落葉松は、いまだ聞いたことがありません。


完戸先生もさすがに歳を重ねて、白髪交じりで熟年の貫禄も出てきたんですが、指揮するときの真剣な目つきとあの棒さばきは変わりません。北村協一さんの弟子なので、振り方も似てます。


でもいかんせん、ミュージカル路線やってると声もミュージカル向きみたいで、表現力はあるんだけど、ちょっと合唱向きの声ではなくなってるような気がします。何度か全国大会で聞く機会があったんだけど、なんか声が平べったくて幼く聞こえるんですよねー。そういう志向なのかもしれないけど。

郡山で演奏会

今日は毎年恒例の郡山。今年で3回目になる安積黎明の演奏会。
東京の大学合唱団にはない、質の高い演奏とともに、音楽を楽しんでる様子が伝わってくるのがいい。
Read More...