スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

七夕と音楽と

夜、フルートアンサンブルとサックスアンサンブルのコンサートに。こじんまりとした会場ですが、息遣いまで伝わってくる感じでした。フルートの方は繊細で女声合唱っぽく、サックスはメリハリが効いてて男声合唱みたい、という、合唱人らしい安直な例え。サックスの方が、場所を見方にしやすい性質なんでしょうか。フルートはオペラシティの近江楽堂で聞いてみたいですね。

アンコールの堀内さん編曲の七夕の曲も、フルート組とサックス組を縦横無尽に振り分けて、かなりバランス配慮してるんだな、って感じでした。楽器だと音楽的にやりたいことがいろいろできて、さぞかし楽しいでしょうね。

演奏会行く前の偏頭痛も、終了後にはどっかに飛んでいき、すっかり癒されましたよ。音楽の効用でしょうかね。池袋ビアガーデンの生演奏も月曜やってるそうで(サックス)、面白そう。

ブログランキング

再び合唱祭へ

2週続けて日曜日の五反田ゆうぽうとへ。といっても夜だけでしたが。
初めてナマゆみげそさんを見ました。俳優の誰かに似てる、と思いつつも名前が出てこず。んー、気になる・・

Read More...

東京都合唱祭

合唱祭に出るなんてひっさしぶりです。某OCの Y 脇さんが、講評者のお席に鎮座しておられるという、ご出世ぶり。せっかくだから冷やかしてきました(ワル)。

ともかく会場はデカイので、ボソボソ歌う団体はよく聞こえませんが、2 階席はそれなりによく聞こえたようです。自分たちの演奏の方は、それなりにいいリアクションも来てたので、喜んでもらえたんでしょう。他団体が持ち回りで書く感想に、「指揮者の腰使いがエロティック」というのにはウケました。エロい曲じゃあないんだけど。

Read More...

初めての

アコムでもエロでもありませんので、あしからず(笑)<つまらん

土曜日の練習場所は中目黒。久しぶりでしたけど、川沿いにシャレた博物館なんてあるんですね。川がある風景はサマになりますわな。

Read More...

ブリリとJCDA

今日は午後から川口リリア、夜は王子の北トピアと演奏会三昧。

ブリリの何がよかったかって、あのサービス精神!。「ピアノの向きが違うなぁ」と思ったら、松下耕先生指揮はするわピアノは弾くわ、マイク持ってトークするわの大サービス。そりゃぁ客席もいっぱいになるわけだ・・

Read More...

CANTUS ANIMAE 9th

なんとか無事終了しました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。思ったよりもお客さんが多く、温かい拍手をいただいたのが印象的だったかな。

プログラムの中では、Palestrina の Magnificat が一番CAの身の丈に合った曲だったのではないかと思います。Crucifixus は、普通の和音やクラスターを決めるには力不足、ニーステッドも、全パート全セクションがいつもの練習でそろうことはまずないから、ほとんどぶっつけ本番みたいでしたし。

パーカッションの音量が大きすぎ、という話は新潟の時も聞きまして、実際のところバランス的にはどうなんでしょうね?雨森先生は、新潟のとき「あれで大丈夫」という意見を聞いたとおっしゃってましたし、去年浜離宮でリハのとき、場所を後ろから前に出してイイ感じになったので中央固定になったという経緯があるのですが、ホールによってそれぞれ特性が違うのかも。歌ってる方はなんとも???わからないのです。ただ、ff くらいでバスドラが入ると、合唱は完全にウラに引っ込むな、という感触はいつもありました。

また、「日本語が聞き取れない」という意見も、去年の演奏会でも言われまして、その辺は課題です。堀内さんの言った「聞かせる技術」にもっと神経を払わなければならない分野です。

個人的には、打ち上げの最後に歌った「子守唄」が心に沁みました。

プログラムに載ってる写真の立ち位置がビミョーとか言われちゃいました。はは。
でもあれが、団内のポジションを表しているのですよ!?
(旧ソビエトみたい)

ブログランキング

のど自慢

五角形メガネさんちのブログ見てたら、なんか後輩の人がNH●のど自慢出るらしい、とかいうコメントが出てたので、見てました(時々みる)。

出だしっからなかなか合格♪の鐘がならず、「げっ、キビシ〜・・」って感じでしたよ。カレシが会場に来てたお姉さんなんか、合格だと思ったのに〜。合格者全部で 3 組って、少なくねぇ?そうこうしてたら、後輩サンらしき高校生登場。

「合唱部に入ってる・・」って紹介されて、「おー、のっけからハモッてるじゃーん」と思って聞いてたら、キンコンカンコン〜でごーかーく☆
さっすがー、やるじゃん。

で、合格だけじゃなくて、なんとチャンピオンにもなってました!!すげー。明日学校じゃ大騒ぎだろね。

それにしても、ベーヤン太ったなぁ。でもあの歌いっぷりは好きです。アリスの超ファンでした。

ブログランキング

見学日記

巷の合唱人のすなる掛け持ちといふものを、みづからもしてみむとてするなり。
(あと続いて書けないから、古文調はやめよ)
なんか、全然系統の違う団体で歌ってみたいんですよね。できるかどうかは別として(実力ないくせに・・)、ともかく動かないと始まらないのでガイアの練習を見学してきました。定演も終わって一息、次は合唱祭で既にやった曲を演奏するということで、余裕もある感じ。体操も発声もかなり入念にやってました。

見学に行って最初はやっぱり「自分の声を合わせられるだろうか」という心配があるのですが、男声も日頃より少なかったらしいとはいえ、とても合わせやすかったのが印象的。男声だけでなく女声ともです。

まだ松下耕先生練習はないし、全体の雰囲気を掴んだわけではないのですが、温かい空気を感じました。見学者にはとても親切かも(CAはある意味、見学者ほったらかしの感があるし)。見学者が合計 3 人いて一緒に帰ったのですが、3 人とも単なるリップサービスではなく「歌いたい!」と思わせるような、何かがあるんでしょうね。

ブログランキング

自主練と通常練習

今日は午後から自主練と、夜は雨森先生の練習。帰りの電車の中でも「疲れたぁ〜」とか話をしてたけど、Sopさんはさらにその前 1 時間パート練習あってたわけだし、練習を仕切ったいなぞぅとかは本当にお疲れさんです(見られてないのに、ここで言ってもなんですが)。

演奏会まであと 3 週間ちょい、いつもながらのラストスパートモード、といったところでしょうか。また直前になればなるほど「ヤバイ…」となりそうな予感。以下自分へのメモです。

ブログランキング
Read More...

この星の上で

松下耕さん合唱団ガイアの演奏会@晴海でした。3 ステージ構成でしたが、最終ステージは「この星の上で」の混声版初演。この曲が印象的でした。

涙があるだろう
今年も
涙ながらの歌があるだろう
固めたこぶしがあるだろう
大笑いがあるだろう今年も
あくびをするだろう
今年も
短い旅に出るだろう
そして帰ってくるだろう
・・・

谷川俊太郎「今年」より
Read More...